世紀の大天才 アルバート・アインシュタイン

albert-einstein

世紀の大天才 アルバート・アインシュタイン

一言まとめ

天才の略歴

1879年0歳:ドイツのウルムで生まれる
1900年21歳:チューリッヒ連邦工科大学を卒業
1902年23歳:ベルリンの特許局技師に就職する
1905年26歳:光量子仮説」「ブラウン運動の理論」「特殊相対性理論」に関連する五つの重要な論文を発表
1910年31歳:プラハ大学教授となる
1916年37歳:一般相対性理論発表
1921年42歳:ノーベル物理学賞受賞
1933年54歳:アメリカへと亡命プリンストン高等学術研究所教授就任
1936年57歳:ワームホールの概念発表
1940年60歳:アメリカ海軍省兵器局の顧問に就任
1955年75歳:死去

代表作品経歴

1905年26歳:「光量子仮説」「ブラウン運動の理論」「特殊相対性理論」
1907年28歳:E=mc²の発表
1916年37歳:一般相対性理論発表

天才の幼少期

ドイツに生まれた。アインシュタインは、5歳頃まであまり言葉を話さなかったと伝えられる。 5歳のときに父親からもらった方位磁針が、自然対する興味をもたらすきっかけとなった。
幼少の頃は、言葉を、理解したり話したりする、という面では、一応は大丈夫だったが、言葉を出すのには時間を要した。一方で数学に関しては傑出した才能を示し、9歳のときにピタゴラスの定理の存在を知り、その定理の美しい証明を寝る間も惜しんで考え、そして自力で定理を証明した。12歳のときに叔父からユークリッド幾何学の本をもらい独習。微分学と積分学も、この当時に独学で習得したといわれている。

天才なところ

アインシュタインといえば相対性理論を見つけたことの凄さがそのすべてを語っている。ただ、私自身深く理解できていないことと、自分が生まれる前に発表されたものであるだけに、身にしみてその凄さはわかりにくい。なので、ここでは、相対性理論についてざっくりと書いておきますので、気になる方がご自身でお調べくださいませ。(´∀`*)ウフフ

まず、相対性理論とは、空間と時間が運動速度や重力によって変化することを証明する理論である。
相対性理論のひとつである、特殊相対性理論は、光速に近づくと時間の流れが遅くなることを証明し、もう一方の一般相対性理論は、重力によって時間の流れが遅くなることを証明した。

そう言われたところで具体的に相対性理論によって何がもたらされたのかというと、ざっくりいうと宇宙や目に見えないものに関係することを“計算できるようになった”というのが、その素晴らしさなのだと理解しています。間違っていたらごめんなさい。(m´・ω・`)m ゴメン…
計算できるようになったことで、GPSの計算や宇宙旅行の計算、そして原子力ができるようになりました。数式を作ったというと、あまりすごみを感じにくいですが、今までわからなかったものがわかるようになったというのがすごいところですね。こんな解説だと1mmもすごさがわからないので、気になる方は調べてみてください。
また、光という実態のよくわからないものが、粒でできていると証明した「光量子仮説」も理解するのは難しいが、日焼け現象やソーラー発電などの原理の理解に役立つ発見である。
光量子仮説も含め、原子や分子の存在を証明したブラウン運動の発表などもある。

まとめ

アインシュタインの凄さは私には一言では到底言えないし、世間一般的にもすごい人だというのは十分に伝わっているので、私からはあえていうことはありません。( ー`дー´)キリッ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。